月別記事一覧  2013年6月

5月 ヘルパー会議 「おむつ介助」

  • ≪毎月行うヘルパー研修≫ 5月はおむつ介助の勉強を行いました。(*^^)v 会社に[おむつ介助研修案内]が届き、おむつ介助なら知ってるし…どうしようと半信半疑で研修にむかいましたが。これがびっくり(>_<)目からうろこ!!! 今迄のやり方とは違うおむつのあて方、パット類の新商品等 数多く教えて頂いたので早速社内研修に取り組ませて頂きました。

≪漏れが少ないおむつの当て方≫のポイントとして、①横向き状態でおむつを盾に半分に降り背中側  の真ん中を利用者の腰骨より少し上の背骨に合わせ、前、後の端が揃うようにあてる。
②ゆっくり仰向けになります。③おむつの真ん中のギャザー部分の内側を持ち、利用者の鼠脛部に添って引っ張りすぎないように添いあげ、ウエスト部分を合わせます。

ご覧のように殆ど、下着のパンツを着けているように出来上がりました。

利用者側の体験も、ほぼ全員する事が出来、ピッタっとしたフィット感を感じてもらいました。

利用者のより近くに寄り添い安心していただけるような、介護を続けて行きたいと思います。

 

 

6月の社内研修を行いました

6月24日 6月の社内研修を行いました。

今回の研修のテーマは「非常災害時の対応についての研修」で

様々な非常災害時に備えるため、色々なパターンの非常災害時に

慌てないように研修で学びました。

参考までに9/1(日)は防災の日です。

皆様は、日頃から災害時に必要な備品など準備されていますか?

最低3日分の食料や水が必要と考えられます。

本日の講師の小銭さんは、広島は立地的に災害時に車が使用できると想定し、車のガソリンは常に満タンにし、車の中にキャンプ用品や水、必要品を四角のBOXに入れて準備されているようです。他にも、飲み物をケースで備蓄し、ラーメンやガスコンロ等も日頃から準備されているようです。

 

災害に備えての訓練や準備は、その時に慌てないために準備しておくもの。

これを機に、皆様も真剣に考えてみましょう。

 

講師:通所介護 小銭さん

記載者:春江

 

尺八ロビーコンサート\(^o^)/

 

みなさん、この暑い梅雨時期をどうお過ごしですか?

今月10日当デイサービスで広島の生んだ尺八演奏者の人間国宝、島原寬山氏の孫弟子にあたる、大久保圓山氏が皆さんの前で尺八で日本古来の音色を奏でて下さいました。

私も生まれて初めて尺八の生演奏を聴かせていただきましたが、尺八の伝統ある楽曲からポップス、演歌、クラッシックまでと幅広い演奏。また、独特の尺八の音色に鳥肌がたつほどに感動しました。

来所されていたご利用者様も『いい音色だった。』『また、聴きたいね。』と最高の笑顔を見せてくれました。

今回演奏をして下さった大久保圓山氏。また、奥様、本当に感謝です。またご縁がありましたらよろしくお願いします。

記入者 秦 克行