月別記事一覧  2013年8月

8月の社内研修を行いました

8月22日(木)18:30~20:00で、8月の研修会を行いました。

この度は、広島市認知症地域支援推進員(江波地域包括支援センター)の岡田真里さんの声かけにより、

2013年第2回 医療と介護の連携~地域のケアマネ・介護職を対象にした医療に関する学習会~を当社のデイサービスルームで開催いたしました。

 

 

今回の講師は、妹尾内科 認知症サポート医

亀井文恵先生をお迎えしました。  → 

広島県では、高齢者が日頃受診する主治医(かかりつけ医)に

認知症に関して気軽に相談できるように、県が定めた研修を終了した医師を

オレンジドクター(認知症サポート医)として認定しています。

今回講師をしていただいた亀井先生のおられる妹尾内科では専門医院でもなかなか受けることができない認知機能評価検査(ADAS)が受けられます。

この検査は、経過観察・治療効果判定に利用でき、検査に基づいた処方薬の変更・投薬量の増減が可能です。

また、妹尾内科では、神経内科専門医と連携を迅速に対応されているそうです。

認知症の治療で、受診拒否・服薬拒否がある時の対応方法として、原因を探ることから始め、介護職員や家族の協力を得て、利用者の楽しめることを考え、気持ちの面で改善していくことが大切だと学びました。

今後も、認知症の方を支援するために、ヘルパーやケアマネジャーもサポート医が機能できるように支援し、支える者との顔が見える連携を図ることを心がけていきましょう。         記載者 春江